READYFOR note

「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」ことをビジョンに掲げるREADYFORのメディアです。READYFORに関わる人たちの「想い」を届けていきます。 http://corp.readyfor.jp/
    • #スタートアップ 記事まとめ
      #スタートアップ 記事まとめ
      • 1184本

      スタートアップが手がけたnoteが集まるマガジンです。スタートアップが読むべき、知るべきnoteも選んでいきます。

    • #チャレンジを支えるためにできること
      #チャレンジを支えるためにできること
      • 18本

      医療、大学(研究)、アート、スポーツ、食、産業……。お金を軸に、あらゆる分野で、チャレンジの障壁になっていることを問題提起し、乗り越えるための方法を探ります。

    • #実行者・支援者の声
      #実行者・支援者の声
      • 15本

      READYFORのプロジェクト実行者・支援者の声をお届けします。

    • #経営陣の頭の中
      #経営陣の頭の中
      • 15本

      経営陣のインタビューほか、誰かのやりたいことを叶える会社(チーム)として、READYFORがどんなことを大切にしているか、会社の背景にある思いをお伝えします。

    • READYFORで働く人たち
      READYFORで働く人たち
      • 26本

      READYFORで働くメンバーが、仕事に対する思いを語ったコラムやインタビュー記事、座談会レポートなどをお届けします。

    • すべてのマガジンを表示

個人の想いへの“共感”から、社会に対する切実な“祈り”をかたちに。コロナ以降のクラウドファンディング論

更新され続けるさまざまな数字と情報では、捉えきれない“わからなさ”が社会を覆った2020年。 混沌とする世の中で、SNSを機軸に広がった社会運動に呼応するように、コロ…

「お金だけでなく、人とのつながりが財産になる」クラウドファンディングに巡るエール

旗を立てた誰かに、エールを送る。 クラウドファンディングには、循環する支援の輪があります。 アクセスエール株式会社の松尾光晴さんは、その循環を身をもって実感した…

もっともっと、必要なところへ「想いの乗ったお金を流す」会社へ。CEO米良はるかより新年のご挨拶

遅ればせながら、2021年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 昨年は新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、激動の1年となりました。 コロナ禍…

「新型コロナウイルス感染症:いのちとこころを守るコロナSOS基金」、始動します。

新型コロナウイルス感染拡大からもうすぐ1年。予想を超えて長期化するコロナ禍、最前線で闘う医療従事者、経済状況の悪化や社会的孤立に苦しむ人たちを支えてきた人たちが…

めまぐるしく変わる「支援のかたち」を裏側で支えた、READYFORのメンバーたち【2020年を振り返る】

コロナ禍にあった2020年、READYFORのクラウドファンディングによる「支援のかたち」も変化していきました。 「いま、自分たちにできることを。」という想いで、スピード感…

歴代最高支援額が集まった、READYFORのクラウドファンディングプロジェクト【2020年を振り返る】

厳しい現実や先の見えない不安が押し寄せた、コロナ禍の2020年。 でも、いや、だからこそ、クラウドファンディングのプロジェクトを立ち上げることで、あるいは支援をする…