READYFOR note

「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」ことをビジョンに掲げるREADYFORのメディアです。READYFORに関わる人たちの「想い」を届けていきます。 http://corp.readyfor.jp/
    • 新型コロナウイルス拡大防止拡大基金 事務局レポート
      新型コロナウイルス拡大防止拡大基金 事務局レポート
      • 10本

      「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金(コロナ基金)」に関するさまざまな情報をお届けします。

    • #スタートアップ 記事まとめ
      #スタートアップ 記事まとめ
      • 1212本

      スタートアップが手がけたnoteが集まるマガジンです。スタートアップが読むべき、知るべきnoteも選んでいきます。

    • #クラウドファンディングパートナー
      #クラウドファンディングパートナー
      • 3本

      挑戦する人を長く、深く、応援するREADYFORの「クラウドファンディングパートナー」をご紹介します。

    • #チャレンジを支えるためにできること
      #チャレンジを支えるためにできること
      • 18本

      医療、大学(研究)、アート、スポーツ、食、産業……。お金を軸に、あらゆる分野で、チャレンジの障壁になっていることを問題提起し、乗り越えるための方法を探ります。

    • #実行者・支援者の声
      #実行者・支援者の声
      • 15本

      READYFORのプロジェクト実行者・支援者の声をお届けします。

    • すべてのマガジンを表示

長期化するコロナ禍、今社会に必要な支援とは? 4つの支援団体と考える。

昨年4月に立ち上がり、9ヶ月間で約2万人以上から8.7億円の支援を集めた「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金」(コロナ基金)。 その助成報告および最新現場レポ…

ワクチンの安全性にストレス対処法。いつまで続くの? コロナ禍の不安と疑問に4人の専門家が答えます

新型コロナウイルス感染症は、いまだ人々の生活や心に恐れや不安といった影を落としています。 この長期的な闘いを支えるべく、READYFORは公益財団法人東京コミュニティー…

地域で行動する人の存在に、光を当てる。クラウドファンディングパートナーになった理由

地域と、クラウドファンディング。 READYFORでは、地域や特定カテゴリーに根ざし、挑戦者・やりたいことがある人を応援する「READYFOR クラウドファンディングパートナー…

個人の想いへの“共感”から、社会に対する切実な“祈り”をかたちに。コロナ以降のクラウドファンディング論

更新され続けるさまざまな数字と情報では、捉えきれない“わからなさ”が社会を覆った2020年。 混沌とする世の中で、SNSを機軸に広がった社会運動に呼応するように、コロ…

「お金だけでなく、人とのつながりが財産になる」クラウドファンディングに巡るエール

旗を立てた誰かに、エールを送る。 クラウドファンディングには、循環する支援の輪があります。 アクセスエール株式会社の松尾光晴さんは、その循環を身をもって実感した…

もっともっと、必要なところへ「想いの乗ったお金を流す」会社へ。CEO米良はるかより新年のご挨拶

遅ればせながら、2021年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。 昨年は新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、激動の1年となりました。 コロナ禍…