スクリーンショット_2019-05-27_21

メンバーのポテンシャルを信じる、チャーミングなリーダー! 米良はるかの素顔

CEOの米良はるかが、クラウドファンディングサービス「Readyfor」を立ち上げて丸8年。今や月に数回イベントに登壇するなど、「起業家」として知られています。そのイメージが先行するためか、「気が強そう」「バリキャリ」「メンバーをグイグイ引っ張る」といった印象をもたれることも多いのですが、READYFORメンバーから見た米良はるかの素顔とは少し異なります。今回は、READYFORメンバーから見た米良の知られざる(?)素顔をご紹介します!

初めて米良さんと会ったのはとあるイベント。周りはスーツを着た社会人ばかりで、学生だった私は名刺がないけど挨拶しなきゃと、休憩時間に米良さんのところに駆け寄りました。最初にたどり着いたのですが、男性たちにどんどん抜かされてしまって。そしたら、米良さんが私にも聞こえる声で「あの子が最初だったんで。すみません、通してください」と言って手招きしてくれたんです。とてもうれしかったですし、正しいことを当たり前にできる強さを感じました。(法務チーム 田島)


誕生月には、ひとりひとりにお手紙をくれたり、打ち上げの最後の一言挨拶で「みんなの一回限りの人生の中でReadyforを選んでくれた。そのことを後悔してほしくない」と伝えてくれたり…。ふとした場面で、メンバーとのつながりを大切にしてくれていることを感じると、ほっこりします。(ソーシャルインパクトチーム 杉山)


心の底から相手の可能性を信じてる人ですね。READYFORがつくる未来や、サービスの成長、メンバーの活躍を本当に信じていて、「絶対できる!」と米良さんに目を見て言われたら、なぜか自信がわいてきます。(経営企画室 中込)
「これは自分がやるよりも、まりちゃんがやる方が絶対に良いものができる!」と、メンバーのスキルや専門性を尊重するとともに、思いっきり任せてくれます。相手を本気で信じる姿勢と勇気づける気持ちが、米良さんがよく使う「絶対に」という言葉に表わされていると思っています。(法人ソリューションチーム 佐藤)
メンバーの才能と可能性を信じていることが、入社前からの良い意味でのギャップでした。社会を変革するという熱い想いとそれを実現すると確信している自信が日々溢れていて、毎日ワクワクしてます!(CEO室 堤)
人が共感するだけでなく、ワクワクするビジョンを掲げ、その人の持つポテンシャルを引き出すの力がすごいリーダーだと思います!(プロダクト開発チーム 浦野さん)
強さと温かみのあるリーダーですね。(法人ソリューションチーム 松本)

(2016年冬 忘年会)


「最後までやり切ったの?」
営業目標を持っている頃、最終日の夜になって、もう諦めかけていた時に米良さんが投げかけてくれた一言。この言葉をきっかけに、もう一度できることはないかを洗い出して、全力疾走。結果は未達成だったけれど、できるかできないかではなくて、できる前提でやり切った先に、見える世界があるんだということを教えてもらいました。(連携推進室 富澤)
「たじさんがREADYFORを守ってきた」
目の前のことに負けそうなとき、この言葉をかけてもらって何度か鼓舞してもらいました。(法務チーム 田島)
「はるちゃんは、夢に向かって頑張ってる人を信じ続けられる人だから、自分のそばにいてくれて嬉しい」
こんな言葉をかけてくれる米良さんと一緒に頑張っていこうと思えた一言でした。
(CEO室 堤)
「今までのREADYFORにはいない人材だから、面白い風を吹かせてほしい!」
東京と大阪を行き来し、今までREADYFORになかった仕事スタイルで働く私に、そんな言葉をかけてくれました。おかげさまで自由にやらせていただいてます。
(経営企画室 浅井)

(2018年夏 5期キックオフ会)


仕事で一息つくと、「お散歩いこ〜!」って誘ってくれます。私の席のそばを通るときに、きらっきらした笑顔で、「あつお~」(私の名前です)って言いながらよくちょっかいをだしてきますよ。経営合宿の時、経営陣で飲むことがあるんですが、米良さん特製の「メラメラハイボール」を楽しそうに作ってくれます。
(CLO 草原)
メンバーの誰と誰が仲良くて、相性が良さそうなのは誰?この人に合わせるんならどんな人がいいか?など、勝手に予想してわーきゃー言ってる時期がありましたね。結論としては、米良さんは静かにしないとご破算になるということで、あたたかく見守るということに毎回至ります(笑)。サークルのOG的な感じで、メンバーを温かくも、楽しんで見ているな〜という感じがします。(プロダクト運用チーム 小寺)

(2019年冬 メンバーとReadyfor Bar開催!)


松潤が大好きで、すぐ社内メンバーでF4とか嵐を結成しようとしてました(笑)。エンジニアの豊島さんのことを「とーよーし」(どうみょうじの発音で)と呼んで豊島さんが困っていましたね。(経営企画室 中込)

(2018年秋 米良のお誕生日をメンバーでお祝い)

(2019年冬 ホワイトデーイベントでプレゼントに喜ぶ)


昔は、短納期とちゃぶ台返しがたまにあって困ってました(笑) 
(プロダクト開発チーム 豊島)
1周年記念パーティーの会場を一緒に探しているときに、米良さんが勢いで「船上パーティにしよう!」と言うので調べてみたら、当時の人数&予算だとボロ船しか借りることができず、泣く泣く諦めた記憶があります。(経営企画室 中込)
実は昔クレオパトラに憧れていたらしく、大学選択のときに考古学研究課に進学しようか迷ったらしいです。ピラミッド研究で知られる、Readyforでもプロジェクトを実施いただいた吉村作治先生の大ファン!起業家じゃなかったら、エジプトで穴を掘っていたかもしれないですね。(法人ソリューションチーム 佐藤)

(2016年冬 月末お疲れ様会でメンバーと)

(2016年夏 創業2周年パーティーにてメンバーと)

私たちメンバーから見た米良はるかは、メンバーのポテンシャルを誰よりも信じ、人を喜ばせることが大好きなチャーミングなリーダーです。

米良はTwitterでも日々発信をしてますので、よかったらフォローしてみてください!


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたの夢、応援しています!
46

READYFOR note

「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」ことをビジョンに掲げるREADYFORのメディアです。ビジョンを支えるチームづくり、夢を実現する人を支える人たち、チャレンジを支えるためにできることについて、発信していきます。http://corp.readyfor.jp/

#ビジョンを支えるチームづくり

経営陣のインタビューほか、誰かのやりたいことを叶える会社(チーム)として、READYFORがどんなことを大切にしているか、会社の背景にある思いをお伝えします。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。