見出し画像

さよなら文京区!8年間オフィスを構えた根津・本郷のおすすめスポットを紹介します

2019年10月、READYFORのオフィスを千代田区に移転。2011年READYFORのサービス開始時から8年間お世話になった文京区を離れることになりました。

もともとREADYFORは、東大教授の松尾豊先生率いるオーマ株式会社の一サービスから始まったこともあり、東大近くに最初のオフィスを構えました。サービスの拡大とともに、これまでに2回引越しをしましたが、根津、本郷と文京区を離れることはありませんでした。

緑豊かで過ごしやすい文京区は、CEOの米良をはじめメンバーもお気に入りの土地。今回は、8年間オフィスを構えた文京区根津・本郷で、メンバーたちが馴染みの深い思い出のお店・場所を紹介します!

2011年〜2016年、サービスローンチ・創業した根津時代

2011年、最初のオフィスはオーマ株式会社と同じ文京区・根津。サービスをローンチしたこの頃は、オーマのメンバーやインターンを中心に10名ほどで、クラウドファンディングREADYFORのサービスの認知拡大に奔走していました。

根津オフィス①_米良さん

初代オフィスにて

2013年、クラウドファンディングの認知が広がり始めた頃にオフィスを移転。2014年にREADYFOR株式会社としてオーマからスピンアウトし、READYFORメンバーだけのオフィスになりました。

画像3

オフィスでのキュレーター仕事風景

画像4

オープンスペースで月末にお疲れ会を開催

そんな私たちのサービスローンチから創業を経て、事業拡大に勤しむ5年間を過ごした根津のメンバー思い出の場所はこちら。

“おかん”がいる「フレンディ」

画像5

当時は今のような社食はなく、昼も夜もごはんといえば、コンビニ弁当、唐揚げ弁当、菓子パンに野菜ジュース、居酒屋、という状況が続いていました。完全に大学生のノリ…!そんな中、昼も夜もサバの煮付けや角煮、野菜の小鉢が2つ、お味噌汁に炊きたてのご飯と、栄養満点の作りたての美味しい定食が日替わりで食べられるのがここでした。

1人で入るのはちょっと勇気がいるけれど、地元の人に愛される「古き良き」という言葉がしっくりくるお店で、切り盛りしている賑やかであったかいおばちゃんは、新しいスタッフを連れて行くとすぐに顔を覚えてくれて、「あの人きたわよ〜」とか「食欲ないなら少し減らそうか? 柔らかくしとこうか?」とか気を遣ってくれたり、お客さんがくれたからとこっそりお菓子やフルーツをサービスしてくれたり。READYFORのおかん的存在でした。仕事で銀行に行く時に近くを通るので、今でもおばちゃん元気かなーと思い出しています。
(経営管理室 納谷)

味とボリューム、コスパ良し!吉田とん汁

画像6

社食であるみんなの食堂が始まる前は、オフィス周辺でお弁当をルーティーンで買いに行ってました。中でもお気に入りだったのが、吉田とん汁。とん汁とごはんというシンプルなセット一択なんですが、どちらもボリュームがすごくて、特にとん汁は蓋開ける時にこぼれてしまうほど並々に入れてくれてめっちゃコスパ良し。あと単純においしいです。あったかいとん汁とごはん食べると体も温まってリラックスできてた思い出です。
(キュレーター事業部 井上)

閉店が惜しい憩いのパン屋Pain de Mie BAKERY CAFE

根津の下町に根ざしたパン屋さんで、地元の人たちの憩いの場になっているようでした。カウンターにいるのはいつも元気なおばさまたち、江戸っ子調でハキハキとお仕事している姿に元気をもらっていました。何よりもパンが美味しくて、私のお気に入りはチーズカレーパンでした。コンビニや流行りのお店に並んでいるようなパンより、少し素朴な感じで、愛情のたくさん詰まった家庭の味がとても好きでした。
広いイートインスペースの窓の外にはお花屋さん。疲れがたまりどうしても休憩したい時には、ここで30分だけデジタルデトックスをすると、落ち着いてまた集中できるようになりました。オフィスが春日に移転した後、閉店して牛丼屋チェーン店になってしまいました。すごくショックで、またもう一度食べたいです。
(キュレーター事業部 田島)

初詣は毎年、根津神社へ

画像7

初期から根津にオフィスを構えていることもあり、気持ちを新たにするために仕事初めは根津神社に初詣に行くのが慣習になっていました。お参りをして、思い思いにおみくじを引き、絵馬を書いて、破魔矢をいただいていました。おみくじは毎年大吉を引く人が複数いました。写真を見返すと、どんどん人数が増えているのがよく分かります。毎年スッキリ晴れて気持ちのいい初詣でした。

夏は縁日に出かけたり、つつじが有名な神社なので、平日の昼間の人が少ない時につつじを見に散歩に行ったり(土日は人出がすごいのです!)と、四季折々楽しみをくれる場所でした。根津神社の手前に「根津のたいやき」という一匹一匹焼き上げてくれる、たい焼きの有名なお店があります。常に並んでいますが、根津神社の散歩にはぴったりですよ。
(経営管理室 納谷)

READYFORの誕生日にお花見をする上野公園

画像8

READYFORの誕生日は2011年3月29日。サービスのローンチ以降、毎年この日は全社員が集まって、上野公園でお花見をしています。たくさんの人で賑わう上野公園で、満開の桜の下に集まると「今年もこの日が来たなあ〜」と、なんだか嬉しい気持ちがこみ上げてきて、次の1年に向けて心を新たにすることができます。

また根津オフィス時代には、上野動物園で夏に開催されるナイトズーにも遊びに行きました。金曜日の終業後みんなで散歩がてら上野動物園まで歩いて行き、ビアガーデンや夜の動物を楽しんだのも良い想い出です。
(キュレーター事業部 中込)


2016年〜2019年、50人突破、初の資金調達をした本郷時代

2016年、メンバーが50人を超え、オフィスを本郷に移転しました。メンバー全員の顔が見えるワンフロアにこだわりました。2018年には初の資金調達も実施。事業の拡大とともに、メンバーは100人を超え、だんだんと手狭に。

画像9

本郷オフィスに移転した当時

画像10

半蔵門オフィスに移転する直前のオフィス

メンバーも増え、資金調達という新たなフェーズに挑戦した3年間を過ごした本郷周辺のお気に入りのお店を紹介します。   

「READYFOR Bar」と酒部を支える河内屋酒店

画像11

ただ呑むのではなく、酒と向き合っていたい。READYFOR酒部の代表として、READYFOR Barの発起人として、お酒選びにはこだわってきました。そんな私にとって、酒選びの大切なパートナーだったのが「河内屋酒店」さんです。

春日オフィスから徒歩2分、通勤路に河内屋さんはあります。毎朝店の前を通りながら、「今の旬は何かな〜」と看板を眺めるのが日課になっていました。初めてお店に入ったのは、「READYFOR Bar」というイベントを初めて開催した日。来てくださる皆さんに美味しいお酒を味わってほしい。そんな時、ふと思い出したのが河内屋さんの存在でした。

緊張しながらお店に入り、おそるおそる日本酒コーナーに近づくと、女将さんがお猪口を私に手渡しながら「何にしましょう?」と。思わず「ただで飲めるんですか?」と聞く私に、「もちろんです」と笑顔を返してくれました。その日から、イベントを開く時や地方へ出張に行く時、自分へのご褒美が欲しくなった時など、美味しいお酒がほしいなと思う日には河内屋さんへ通うようになりました。

後から知ったのですが、河内屋さんは明治28年から120年以上も文京区本郷で営んでらっしゃるそう。文京区の大先輩。

次の場所でも、新しいパートナーを見つけられるかな。いや、たぶん、また来ちゃうんだろうな。
(経営企画室 富澤)


メンバーの仲を育んだ「焼き鳥秋吉」

画像12

数人のチームのチーフとして、日々奮闘していた2017年。中途採用メンバーも多い個性的なチームで、よく行っていました。

月1回ペースで開催していた飲み会は、あまり仕事の話はせず、本当にくだらないことやプライベートなことをよく話していたような思い出があります。今以上にベンチャー感が強く、がむしゃらに日々を駆け抜ける中、息抜きになっていて、メンバーもここで仲良くなれたような気がします。ちなみに、当時の経験から、これまでの歴代のチームでも月1会ほど飲み会を楽しくやっています。

久々に秋吉によく通っていた頃のことを思い出して、他部署に異動したメンバーと当時の話をしてたら、その頃のグループチャットを発掘し、懐かしい気持ちに。秋吉で育んだ元メンバーとのつながりは、同じチームで働いてはいない今も続いているのだなと嬉しくなりました。
(キュレーター事業部 町田)

入社を後押ししてくれた「ぼっかすか」

画像13

前職の法律事務所で弁護士をしていた時、たまたま同期が米良さんの幼馴染みで、紹介してもらいました。米良さんとCFOの元田さんとREADYFORの会議室で話したら、なんだか空気が合って、そのまま飲みに行ったのが、会社近くのビヤバーのぼっかすか(COOの樋浦さんは途中合流)。

しこたまビールを飲んで酔っぱらって、なにを話したかはあまり覚えていないけど、とにかく楽しかった。個人事業主として自由度高く働ける弁護士の仕事が好きで、当時は一社に飛び込む発想はなかったけど、深夜1時に解散する頃にはREADYFORにジョインすることになっていました。ぼっかすかは、そんな人生を変えた思い出の場所です。

READYFORにジョインしてからも、ゲンをかついでリクルーティングの時に使ったり、大切なメンバーの送別会などで使わせて頂きました。
(CLO 草原)

画像14

法務インターンの送別会。盛り上がりました!

カラオケ部の活動拠点!カラオケWAVE

画像15

カラオケ部のモットーは、歌いたい曲を自由に歌うこと。他のメンバーに気を遣うことなく純粋に好きな曲を選ぶので、本格的なB'zのモノマネから誰も知らないマイナー曲まで、ジャンルはさまざま。そんな自由な私たちを優しく包み込んでくれたのがカラオケWAVEでした。

部屋数が多いわけではないのにいつも割と空いていて(笑)、その肩肘張らない雰囲気が私たちの活動方針にぴったりでした。カラオケ部の部員はREADYFORの社員だけでなく、その家族や恋人など幅広いメンバーが参加しているので、今後もゆるやかに活動を続けていきたいと思いますが、新オフィスの半蔵門という大人の街にWAVEのようなカラオケ屋があるかちょっと心配です。
(キュレーター事業部 中込)

画像16

カラオケ部の活動

文京区、大変お世話になりました!千代田区ではどんな出会いが待っているのでしょう。新たな出会いを楽しみに、新天地でさらに飛躍できるよう、がんばります!


■登場した場所一覧
根津

・フレンディー
・吉田とん汁
・Pain de Mie BAKERY CAFE(閉店)
・根津神社
・上野公園

本郷   
・河内屋酒店
・焼き鳥秋吉
・ぼっかすか
・カラオケWAVE


千代田区半蔵門、新オフィスへの行き方は、こちらから!




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

あなたの夢、応援しています!
30

READYFOR note

「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」ことをビジョンに掲げるREADYFORのメディアです。ビジョンを支えるチームづくり、夢を実現する人を支える人たち、チャレンジを支えるためにできることについて、発信していきます。http://corp.readyfor.jp/

#READYFORメンバーのオススメまとめ

本や映画、音楽……。「やりたいことを応援してくれる」READYFORメンバーのおすすめをまとめて、ご紹介します!
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。