新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

延長決定。8億円を集めるコロナ基金、立ち上げから「90日の軌跡」

みなさん、こんにちは。「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金(以後、コロナ基金)」運営事務局の堤です。

7月2日、90日間にわたるコロナ基金のクラウドファンディングが終了しました。

その後、コロナ基金の延長を決定、継続して寄付を募っています。

7月28日現在、20,574人のみなさまから、838,110,500円ものご支援をいただいております。本当にありがとうございます。

今回のnoteでは、4月に立ち上がった「コロナ基金 90日間の軌跡」をインフォグラフィックで振り返ります。また最後に、延長に関するお知らせも記載しています。

コロナ基金 90日の軌跡 

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

画像9

画像10

画像11

画像12

画像13

画像14

画像15

画像16

画像17

画像18

長引くコロナの影響を受けて、基金の延長を決断

コロナ基金は当初、7月2日(木)でクラウドファンディングとともに寄付募集を終了し、全4期で助成を完了する予定でした。しかし、緊急事態宣言こそ解除されたものの、新型コロナウイルス感染症の影響が長期化し、引き続き支援を必要としている活動が多くあります。

そこで、コロナ基金の運営を延長することを決定いたしました。

7月3日以降は特設ページを開設し、継続して寄付を募っております。

実際に、日々支援を必要とする団体とお話をしている中で、「コロナの影響が長期化し、いよいよ限界が来ている人たちが増え、7月以降、むしろ支援のニーズが高まっている」といった声も聞くようになってきました。

日に日に新型コロナウイルス感染症を取り巻く状況と支援が必要な領域が少しずつ変化していく中、コロナ基金ではその時、資金と支援を必要とするところにいち早く助成していきます。

助成先の募集も追加での実施を決定

これまでに第1期〜第4期の助成を実施してきましたが、基金の延長に伴い、助成も追加で実施します。

第5期は2回に分けて、下記のスケジュールで助成を決定する予定です。

第5期 決定時期:1回目 2020年10月15日(木)頃
           2回目 2021年1月8日(金)頃

下記のフォームから助成申請を受け付けておりますので、活動資金の調達を検討されている団体のみなさんはぜひご応募ください。

新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金 応募要項・助成申請フォーム

団体の活動終了報告も掲載していきます

8月以降、助成団体の活動の終了報告をプロジェクトページの新着情報にて、掲載していきます。

4月に助成を実施した第1期の団体をはじめとして、彼らがどんな支援を実施し、どんな成果が生まれたのかも、ぜひ注目していただけると嬉しいです。

引き続き、応援よろしくお願いいたします。



この記事が参加している募集

いま私にできること

うれしいです!
24
「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」ことをビジョンに掲げるREADYFORのメディアです。READYFORに関わる人たちの「想い」を届けていきます。 http://corp.readyfor.jp/

こちらでもピックアップされています

新型コロナウイルス拡大防止拡大基金 事務局レポート
新型コロナウイルス拡大防止拡大基金 事務局レポート
  • 8本

「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金(コロナ基金)」に関するさまざまな情報をお届けします。

コメント (1)
コロナ基金、善意は生きている。日本人って優しい。情けは人の為ならず、戦後の混乱期に母そういって他人を助けた。でも晩年は寂しかった。100歳で死んだ、なぜ?
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。