マガジンのカバー画像

#実行者・支援者の声

31
READYFORのプロジェクト実行者・支援者の声をお届けします。
運営しているクリエイター

#クラウドファンディング

動物たちがより快適に暮らせるように。市営の金沢動物園のクラウドファンディング挑戦…

動物たちが今よりもっと豊かで快適な環境で暮らせるように。 動物福祉とも呼ばれる飼育動物の…

READYFOR note
4週間前

日本癌学会学術総会がクラウドファンディング挑戦の先に描く、がん研究の未来

2018年頃から、世に出始めた医療系クラウドファンディングのプロジェクト。4年が経つ今、その…

READYFOR note
1か月前

クラウドファンディングで、日本最古の車両「モ161号」を走らせ続ける。阪堺電車の挑…

廃線となったあの列車を復活させたい。解体の危機にある名車を救いたい。歴史ある鉄道の未来を…

READYFOR note
2か月前

ねこの殺処分をゼロへ。保護されたねこのいのちをつなぐクラウドファンディング「#ね…

19,705。 これは2020年度に殺処分された、ねこの数です。ここ10年で着実に減少しているものの…

READYFOR note
4か月前

アントラーズと子どもたちの未来を一緒につくりたい。3億円を掲げたクラウドファンデ…

今年10月1日にクラブ創設30周年を迎えた鹿島アントラーズは現在、クラブハウスの近隣にアカデ…

READYFOR note
10か月前

クーデター下のミャンマーへの緊急支援。クラウドファンディング成功のカギは、情報の…

4月5日、国軍によるクーデターに抗議するミャンマーの人々を支援しようと、山形大学の今村真央…

READYFOR note
1年前

寄席の文化を守りたい。わずか10日でクラウドファンディングを立ち上げた寄席支援プロジェクトの舞台裏

「粋じゃないかもしれないけれど、コロナに粋は通じない。野暮は承知で、ご協力をお願いします」 クラウドファンディングを告知する記者会見では、春風亭一之輔師匠、柳亭市馬師匠、春風亭昇太師匠、三遊亭小遊三師匠という錚々たる顔ぶれがずらりと並び、そう支援を呼びかけました。 江戸時代から続く「寄席」は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止に伴う休業・入場制限により廃業の危機に直面。寄席の文化を守りたいと「一般社団法人落語協会」と「公益社団法人落語芸術協会」がタッグを組み、クラウドファ

スキ
185

クラウドファンディングで見えたサポーターとの絆。選手とともに闘うシンボルとなった…

4ヵ月間に渡るリーグ公式戦の中断、無観客試合、人数制限。 2020年、4年ぶりにJ2復帰を果た…

READYFOR note
1年前

「プロジェクト自体が、アート作品になる」“つながり”と”想い”を可視化した大原美…

1930年、岡山県倉敷市に創設された「大原美術館」。日本初の私立西洋美術館として、多くのアー…

READYFOR note
1年前

クラウドファンディングに挑戦した新江ノ島水族館が見出した「お客さまとの新しいつな…

いきものたちを守りたい。 この想いを持って、READYFORのクラウドファンディングを活用する動…

READYFOR note
1年前

「お金だけでなく、人とのつながりが財産になる」クラウドファンディングに巡るエール

旗を立てた誰かに、エールを送る。 クラウドファンディングには、循環する支援の輪があります…

READYFOR note
1年前

「美術館とクラウドファンディングは相性がいい。」山種美術館が初のプロジェクト挑戦…

READYFORでは、2018年の「アート部門」立ち上げ以来、文化や芸術にかかわるプロジェクトのサポ…

READYFOR note
1年前

コロナ禍、医療の現場に広がるクラウドファンディングの支援の輪

クラウドファンディングREADYFORを通じて今、新型コロナウイルスの影響を受けた医療の現場への…

READYFOR note
1年前

いきものと生きる未来を守りたい。動物園・水族館がクラウドファンディングを活用してできること

絶滅の危機にある野生動物の命をつないでいきたい。コロナ禍、休園を余儀なくされた動物園で暮らす動物たちを守りたい。 そんな想いを持って、動物園をはじめ小さき生き物に係る人たちが、大切な動物の命を守るための資金を集めるクラウドファンディングに挑戦しています。 READYFORでは、動物とともに生きる未来を守るためのプロジェクトが数多く実行されてきました。現在、実行しているプロジェクトもあります。 今回は、その事例と応援の声をご紹介します。 動物たちに新型コロナウイルスの影

スキ
98