マガジンのカバー画像

#チャレンジを支えるためにできること

24
医療、大学(研究)、アート、スポーツ、食、産業……。お金を軸に、あらゆる分野で、チャレンジの障壁になっていることを問題提起し、乗り越えるための方法を探ります。
運営しているクリエイター

#いま私にできること

withコロナ時代における企業の災害支援のあり方とは?JT×アサヒのサステナビリティ戦…

10年前の東日本大震災以降、より注目が高まり広がってきた企業による災害支援。新型コロナウイ…

READYFOR note
1年前

歴代最高支援額が集まった、READYFORのクラウドファンディングプロジェクト【2020年を…

厳しい現実や先の見えない不安が押し寄せた、コロナ禍の2020年。 でも、いや、だからこそ、ク…

READYFOR note
1年前

不安が渦巻く社会の中で、いま自分たちにできることを。迅速・柔軟にプログラムを立ち…

2020年も年の瀬が近づいてきました。今年は新型コロナウイルスの影響で、個々人の働き方や生活…

READYFOR note
1年前

孤育てを防ぎ新しい“繋がり”をつくる。未来の親子に向けた「こどもギフト」始動

新型コロナウイルスの影響を大きく受けた2020年。子どもたちも例外ではありません。 児童虐待…

READYFOR note
1年前

地域に密着して挑戦者に伴走。クラウドファンディングパートナーの役割とは?

何か挑戦したいことがある。その想いをかたちにするための資金を集めたい。 その手段の選択肢…

READYFOR note
1年前

裁判関連費用をクラウドファンディングで集め、社会に問う。同性婚訴訟、医学部入試の…

課題解決をして新しい社会を実現するための訴訟や無実の罪で投獄される人の無罪を勝ち取るため…

READYFOR note
1年前

コロナ禍でがんばる人を応援したい。今週のおすすめプロジェクトをご紹介

note株式会社と連携し、noteの記事内にクラウドファンディングREADYFORのプロジェクトURLを埋め込むことで概要を表示させる「プロジェクト紹介カード」がスタートしました。 表示される内容は、タイトル、メイン画像、支援金額、支援者数、残り日数、支援ボタン、進捗パーセンテージなどです。 これを機会に、実行者の方々には、プロジェクトを立ち上げた想いを伝える場として、ページを埋め込みnoteをご活用いただけたら嬉しいです。 コロナ禍において、苦境に立たされているけれど

スキ
29