READYFOR note

「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」ことをビジョンに掲げるREADYFORのメディアです。READYFORに関わる人たちの「想い」を届けていきます。

READYFOR note

「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」ことをビジョンに掲げるREADYFORのメディアです。READYFORに関わる人たちの「想い」を届けていきます。

マガジン

  • #スタートアップ 記事まとめ

    • 1,432本

    スタートアップが手がけたnoteが集まるマガジンです。スタートアップが読むべき、知るべきnoteも選んでいきます。

  • #実行者・支援者の声

    READYFORのプロジェクト実行者・支援者の声をお届けします。

  • READYFORで働くメンバーたち

    • 35本

    READYFORで働くメンバーが、仕事に対する思いを語ったコラムやインタビュー記事、座談会レポートなどをお届けします。

  • #チャレンジを支えるためにできること

    医療、大学(研究)、アート、スポーツ、食、産業……。お金を軸に、あらゆる分野で、チャレンジの障壁になっていることを問題提起し、乗り越えるための方法を探ります。

  • #経営チームの頭の中

    経営チームのインタビューほか、誰かのやりたいことを叶える会社(チーム)として、READYFORがどんなことを大切にしているか、会社の背景にある思いをお伝えします。

リンク

記事一覧

子どもと一緒のリモートワーク、どうしてる? 在宅で子育てしながら働くメンバーのリアル

新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言の影響で、在宅勤務・リモートワークが推奨される状態が続いています。 同時に、多くの保育園・学校が休園・休校となり、「…

READYFOR note
2年前

自分たちに今できることを。「コロナ基金」に集まる、多様な寄付のかたち

みなさん、こんにちは。「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金(以後、コロナ基金)」運営事務局の堤です。 コロナ基金の支援募集期間も残り50日を切った今。みな…

READYFOR note
2年前

怠けて生きたいエンジニアがつくる快適なお家〜自動化生活のすすめ〜

私たちの生活には様々な作業があります。ひとつひとつは数秒から数十分の小さなこと。しかし毎日積み重ねていくと、1日5秒の作業は1年経つと30分、1日1時間の作業は1年後に…

READYFOR note
2年前

みんなでつくる、コロナ基金。寄付に託された全国 12,000人の「ありがとう」と「頑張って」

みなさん、こんにちは。「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金(以後、コロナ基金)」運営事務局の堤です。 4月3日に新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金…

READYFOR note
2年前
子どもと一緒のリモートワーク、どうしてる? 在宅で子育てしながら働くメンバーのリアル

子どもと一緒のリモートワーク、どうしてる? 在宅で子育てしながら働くメンバーのリアル

新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言の影響で、在宅勤務・リモートワークが推奨される状態が続いています。

同時に、多くの保育園・学校が休園・休校となり、「家で働きながら、子どもと過ごす」という、これまでにない経験をしているご家庭も多いと思います。

本日、緊急事態宣言が全面的に解除される予定ですが、それでも今後の見通しは立ちにくく、仕事も育児も、“これまで通り”に戻るには、まだ少し時間を要

もっとみる
自分たちに今できることを。「コロナ基金」に集まる、多様な寄付のかたち

自分たちに今できることを。「コロナ基金」に集まる、多様な寄付のかたち

みなさん、こんにちは。「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金(以後、コロナ基金)」運営事務局の堤です。

コロナ基金の支援募集期間も残り50日を切った今。みなさんの支援の輪が日々少しずつ広がり、先日支援額は3億円を超えました!本当にありがとうございます。

また先週、第2期の助成先団体を発表しました。第1期とは異なる分野のさまざまな活動をしている団体への助成を決定しましたので、ご覧いただける

もっとみる
怠けて生きたいエンジニアがつくる快適なお家〜自動化生活のすすめ〜

怠けて生きたいエンジニアがつくる快適なお家〜自動化生活のすすめ〜

私たちの生活には様々な作業があります。ひとつひとつは数秒から数十分の小さなこと。しかし毎日積み重ねていくと、1日5秒の作業は1年経つと30分、1日1時間の作業は1年後には15日分の時間に相当します。

「部屋を掃除する」
「1日3食料理をつくる」
「寝る前に電気を消す」

家に自分の生活を先読みしてもらい、これらの作業を自動化できるとしたらどうでしょう。浮いた時間を使って本を読んだり、お散歩をした

もっとみる
みんなでつくる、コロナ基金。寄付に託された全国 12,000人の「ありがとう」と「頑張って」

みんなでつくる、コロナ基金。寄付に託された全国 12,000人の「ありがとう」と「頑張って」

みなさん、こんにちは。「新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金(以後、コロナ基金)」運営事務局の堤です。

4月3日に新型コロナウイルス感染症:拡大防止活動基金が立ち上がりました。

みなさんからいただく応援コメントを読みながら、今資金を必要としているところに、いち早く、透明性高く届けるために、事務局一同、日々邁進しております。

そこで、READYFOR noteでは、本基金を応援してくださ

もっとみる