READYFOR note

「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」ことをビジョンに掲げるREADYFORのメディアです。READYFORに関わる人たちの「想い」を届けていきます。

READYFOR note

「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」ことをビジョンに掲げるREADYFORのメディアです。READYFORに関わる人たちの「想い」を届けていきます。

マガジン

  • #スタートアップ 記事まとめ

    • 1,432本

    スタートアップが手がけたnoteが集まるマガジンです。スタートアップが読むべき、知るべきnoteも選んでいきます。

  • #実行者・支援者の声

    READYFORのプロジェクト実行者・支援者の声をお届けします。

  • READYFORで働くメンバーたち

    • 35本

    READYFORで働くメンバーが、仕事に対する思いを語ったコラムやインタビュー記事、座談会レポートなどをお届けします。

  • #チャレンジを支えるためにできること

    医療、大学(研究)、アート、スポーツ、食、産業……。お金を軸に、あらゆる分野で、チャレンジの障壁になっていることを問題提起し、乗り越えるための方法を探ります。

  • #経営チームの頭の中

    経営チームのインタビューほか、誰かのやりたいことを叶える会社(チーム)として、READYFORがどんなことを大切にしているか、会社の背景にある思いをお伝えします。

リンク

記事一覧

Readyforメンバーが2018年 #買ってよかったもの

こんにちは、Readyfor新卒3年目の江藤と申します! いよいよ始まったReadyfor noteを盛り上げていくために、noteの記事をいろいろ散策していたところ、Zaimさんのこんな記…

READYFOR note
3年前

「子どもたちに応援の声を届けたい」【こどもギフト】にかける思い #こどものいのちはこどものもの

2018年11月20日、Readyforにて、社会的養護啓発プログラム「こどもギフト」が始まりました。「#こどものいのちはこどものもの」メンバーとタッグを組み、社会的養護を必要…

READYFOR note
3年前

落合陽一×米良はるか「よりよい社会をつくるためにお金の流れを変える」(後編)

コンピューターと人、自然が区別なく一体となる「デジタルネイチャー」の研究を軸に、科学、教育、経済、アート、メディア、あらゆる分野で躍動する落合陽一さん。 Readyf…

READYFOR note
3年前

落合陽一×米良はるか「大学から未来を担う若手を創出するために」(前編)

コンピューターと人、自然が区別なく一体となる「デジタルネイチャー」の研究を軸に、科学、教育、経済、アート、メディア、あらゆる分野で躍動する落合陽一さん。 Readyf…

READYFOR note
3年前

READYFORがnoteをはじめる理由

READYFORとは?「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」 2011年3月、READYFORは、そんなビジョンを掲げ、日本初のクラウドファンディングサービス「Readyfor」…

READYFOR note
3年前
Readyforメンバーが2018年 #買ってよかったもの

Readyforメンバーが2018年 #買ってよかったもの

こんにちは、Readyfor新卒3年目の江藤と申します!

いよいよ始まったReadyfor noteを盛り上げていくために、noteの記事をいろいろ散策していたところ、Zaimさんのこんな記事に出会いました!

お金や時間をよい形で使うものばかりで、役立つと共に、Zaimさんのメンバーの個性が伝わってくるような記事でした。

そこで、READYFORに集う人々のキャラクターを少しでも浮かび上がら

もっとみる
「子どもたちに応援の声を届けたい」【こどもギフト】にかける思い #こどものいのちはこどものもの

「子どもたちに応援の声を届けたい」【こどもギフト】にかける思い #こどものいのちはこどものもの

2018年11月20日、Readyforにて、社会的養護啓発プログラム「こどもギフト」が始まりました。「#こどものいのちはこどものもの」メンバーとタッグを組み、社会的養護を必要とする子どもたちに対して、クラウドファンディングで支援を届けるプログラムです。

「子どもたちの力になりたい」その思いを届けるために小さな命がまたひとつ、消えてしまった……。

「もう耐えられない」「ひとごとじゃない」「自分

もっとみる
落合陽一×米良はるか「よりよい社会をつくるためにお金の流れを変える」(後編)

落合陽一×米良はるか「よりよい社会をつくるためにお金の流れを変える」(後編)

コンピューターと人、自然が区別なく一体となる「デジタルネイチャー」の研究を軸に、科学、教育、経済、アート、メディア、あらゆる分野で躍動する落合陽一さん。

Readyforでは、自身の研究室の学生の教育・研究資金を集めるプロジェクトのほかにも、アート分野でも、日本フィルと合同で、テクノロジーで音楽のバリアフリーに挑む「耳で聴かない音楽会」、テクノロジーでオーケストラをアップデートする「変態する音楽

もっとみる
落合陽一×米良はるか「大学から未来を担う若手を創出するために」(前編)

落合陽一×米良はるか「大学から未来を担う若手を創出するために」(前編)

コンピューターと人、自然が区別なく一体となる「デジタルネイチャー」の研究を軸に、科学、教育、経済、アート、メディア、あらゆる分野で躍動する落合陽一さん。

Readyforでは、2016年5月に、筑波大学で自身が持つ「デジタルネイチャー研究室(ラボ)」の学生育成のための研究資金を募集するプロジェクを始動。研究・教育資金を寄付としてクラウドファンディングで集めるのは、国立大学では初めての取り組みでし

もっとみる
READYFORがnoteをはじめる理由

READYFORがnoteをはじめる理由

READYFORとは?「誰もがやりたいことを実現できる世の中をつくる」

2011年3月、READYFORは、そんなビジョンを掲げ、日本初のクラウドファンディングサービス「Readyfor」をスタートさせました。

クラウドファンディングは、インターネット上で自身の活動や夢を発信し、共感と応援をベースに不特定多数の人たちからお金を集める仕組み。サービスローンチ当初、日本ではその存在すら知られていま

もっとみる